• (417) 468-1834
    対象企業となるか、無料で診断いたします。
    既に対象企業であった場合もコスト削減が可能か診断いたします。
  • 3044306359
    省エネルギー対策でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

新着情報

2010/09/01
省エネルギー管理システムサイトをオープンしました。

(646) 961-9224

省エネルギー法改正の対策はできていますか?

省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)とは、第2次石油危機を契機に1979年に制定された法律です。現在、工場・事業所、輸送、住宅・建築物、機械機器の4分野において省エネ対策を定めています。

2009年度の改正によって、これまで工場・事業所(店舗)それぞれ単体で1年間に消費したエネルギー使用量(原油換算値)が1500kl以上の場合に報告義務があったものが、1企業の工場・事業所(店舗)の合計が1500kl以上の場合に報告義務が発生します。

省エネルギー法のチェックポイント

  1. 報告義務の対象が事業場単位から企業単位に変更され、対象企業が大幅に増えています。
    対象企業かどうかの確認はお済みでしょうか。
    ※違反企業には罰則が課せられる場合があります。

    年間エネルギー使用量が原油換算で1500kl以上が対象となります。
    無料診断に申し込む
  2. 対象拠点が増えたことにより、エネルギー管理コストが上がっていませんか。

    法改正により、工場・事業場単位から事業者全体の法体系に変更され、事業者全体で算出する必要があります。
    無料診断に申し込む
  3. エネルギー管理士がおらず、お困りではないですか。

    法改正により、エネルギー管理士の選任が必要となりました。自社でエネルギー管理士の資格を取得するか、アウトソーシングをする必要があります。
    (609) 551-3849
  4. 管理標準を定め、エネルギー使用の合理化に努める必要があります。対策はお済みでしょうか。

    通常は管理標準を定め、エネルギーの運用方法や設備投資による費用対効果などを分析し、合理化するための対策を検討する必要があります。
    207-526-1207
  5. エネルギー消費量年間1%の削減目標が課せられています。
    思うようにエネルギー消費量が削減できず、お困りではないですか。

    運用での削減に行き詰まった場合や削減の難しい分野においては、費用対効果のある設備投資なども検討する必要があります。
    無料相談に申し込む

省エネルギー法改正対策支援サービス

8648730884

無料診断サービスに申し込む 詳しくはこちら
対象企業となるか、無料で診断いたします。
既に対象企業であった場合もコスト削減が可能か診断いたします。
無料相談サービスに申し込む 詳しくはこちら
省エネルギー対策でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはお気軽に

ご覧いただきありがとうございます。
省エネルギー法に関してのご質問・お見積もり・お困り事、何でもお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ